2003.11.06〜11.18 アルバニア、セルビア、マケドニア、オーストリアに旅した。アルバニアでは、首都チラナと世界遺産ブトリント、ジーロカストラ、ベラートなどを観光した。

アルバニアの面積2.9万平方キロメートル、人口340万人。1912年オスマントルコから独立。1939年イタリア保護領、後に併合、1944年共産党臨時政府樹立、全土開放。

コルチャ
03.11.11 バザールで会ったアルバニア人夫妻

 バザールの様子を撮っていたら、「僕たちの写真を撮ってくれ。」と声をかけられ、このポーズをとって
にっこりした。
どんな名優よりも素晴らしい笑顔だった。デジカメの再生画面を見て大喜びしてくれた。
ポラロイドだったら差し上げられるのに残念。

03.11.11 バザールで
03.11.11 バザールでアルバニアの女性と
03.11.11 バザールで働く人たちと
03.11.11 東方聖教会 コルチェ
03.11.11 パルチザンモニュメント

コルチェからジーロカストロへは2500m級の
山を越えて行った。
ホッジャ大統領の時代に他国からアルバニアを
守るため、次の写真のようなトーチカを国内に
7万個作って抵抗した。その時の記念碑。
03.11.11 トーチカ
03.11.11 2500m級の山々
03.11.11 同上
03.11.11 山越えの途中で
03.11.11 山の地質が石灰岩であるため、木が生長できず、独特の山岳風景となっている。

 
03.11.11 アルバニアの女性と交流

 この女性は、牛を監視しながら、編物をしていた。
私たちのバスが停止すると、いかにも話しがしたい
という感じだった。
「ミルディータ(こんいちわ)」と挨拶すると、
大変喜んで抱きついてきた。
 「ファレミンデーリト(ありがとう)」。
 どの国へ行く時も、”こんにちわ”と”ありがとう”の
2語だけはメモして行って、どんどん使うことにしている。
03.11.11 昼食をとったレストラン

03.11.11 レストランで昼食をとっている時、この羊の大群に逢った。

03.11.11 コルチャからジーロカストラへ向かう道で、この羊の大群に逢った。
この写真は、バスのフロントガラス越しに撮ったものである。バスの前方の道は
この羊の大群で埋め尽くされていたのである。

03.11.11 同上     
03.11.11 ジーロカステロの町

03.11.11 町から見たジーロカステロの城塞全景
03.11.11 石造りの家並み
03.11.11 城塞
03.11.11 城塞で
03.11.11 城塞
03.11.11 城塞
03.11.11 お祭りドーム

 近隣諸国に住むアルバニア人も含めて、
全アルバニアの人々がこの城塞内のドームの所に
集まって、民族の団結を願って祭りをする。
03.11.11 現地ガイド
03.11.11 城塞
ジーロカストロは、「石の町」と言われている。
丘の頂点に城塞があり、その麓に旧市街がひろがっている。
アルバニア@ジーロカストラ
ジーロカストラ