2007.02.21〜03.02、イスラエルを旅した。ガイドブックを読んで、こんなにワクワクした旅はなかった。
出発直前の2月10日の朝日新聞夕刊に「エルサレムで衝突、旧市街工事巡り、多数負傷」という記事が写真入りで、大きく報道された。5年間待って、ようやく行けることになったのに、又も中止かと心配したが、実現できた。どの旅よりも治安を心配したが、無事に旅を終えることができた。

 イスラエルは、人口663万人、面積21.9平方キロメトル(四国より少し大きい)、公用語はヘブライ語、アラビア語、宗教はユダヤ教77%、イスラム教16%、キリスト教2%である。1948年建国宣言。

07.02.28 オリーブ山から見るエルサレムの街
07.02.28 主の泣かれた教会

 イエスはオリーブ山からの帰途、エルサレムを眺め、その滅亡を予言し、涙したという
07.02.28 死海写本館 07.02.28 イスラエル博物館で兵隊さんと
07.02.28 万国民の教会
07.02.27 イエスが最後の祈りをした所 万国民の教会内   07.02.27 ゲッセマネの園

 イエスゆかりの庭園。かつてこのあたりは一面のオリーブ林で、
現在庭園に残るオリーブの木は当時から受け継がれたもの。
07.02.27 万国民の教会正面扉 07.02.27 万国民の教会でのミサ
07.02.27 マリア永眠教会
07.02.27 最後の晩餐の部屋 07.02.27 最後の晩餐の部屋
07.02.27 なげきの壁
07.02.27 なげきの壁 07.02.27 なげきの壁で
07.02.27 ダビデの塔
07.02.27 ホームページ

 エルサレムのホテルにはビジネスセンターがあり、私たちの
ホームページを日本語で見ることが出来た。30分4ドルだった。
07.02.27 オリーブ山の麓で
07.02.27 ヴィア・ドロローサ第3ステーション 07.02.27 聖墳墓教会
07.02.22 聖パウロ教会 ヤッホー 07.02.22 聖パウロ教会でナイジェリアの人たちと ヤッホー
07.02.22 導水橋 カイザリア 07.02.22 円形劇場 カイザリア
07.02.23 バーブ廟とバハーイー庭園 ハイファ 07.02.23 世界遺産 十字軍の地下要塞 アッコー
07.02.23 アッコーで 07.02.23 隊商宿と時計塔 アッコー
07.02.23 カナのローマ教会 07.02.23 カナの教会祭壇
07.02.23 受胎告知教会 ナザレ 07.02.23 受胎告知された場所 ナザレ
07.02.23 受胎告知教会祭壇画 ナザレ 07.02.23 セントピーターフィシュ
07.02.23 シナゴーグ イエスの町カペナウム 07.02.23 聖パウロ像 カペナウム  
07.02.24 ガリラヤ湖 ホテルの部屋から 07.02.24 山上の垂訓教会 ガリラヤ湖畔
07.02.24 山上の垂訓教会主祭壇
07.02.24 パンと魚の奇跡の教会のモザイク 07.02.24 首位権教会で
07.02.24 世界遺産メギド遺跡 07.02.24 円形劇場 ベテシャン遺跡
07.02.24 列柱道路 ベテシャン遺跡 07.02.24 スチーム風呂の床下の台 ベテシャン遺跡
07.02.24 「死海写本」が発見された洞窟 クムラン
07.02.25 世界遺産マサダ遺跡
07.02.25 世界遺産マサダ遺跡全景 07.02.25 死海で浮遊体験
07.02.26 死海 07.02.26 エルサレムへの途中会った高校生
07.02.26 エルサレムへの途中会った高校生
07.02.26 世界遺産ヴェルシェバ遺跡
世界100ヶ国の旅
イスラエル