2007.02.21〜03.02、イスラエル、パレスチナ自治区を旅した。イスラエルのバスは、パレスチナ自治区に入ることができないので、チェックポイントといわれるコンクリート壁に造られた門からは、パレスチナ自治区のバスに乗り換えて、キリスト生誕の地ベスレヘムを観光した。

07.02.28 イエスが生まれたという馬小屋があった場所 聖誕教会(ベスレヘム)

 ギリシャ正教の祭壇の真下にある。銀の星形には、「ここで処女マリアからイエス・キリストは生まれた」と刻まれている。
07.02.28  ギリシャ正教祭壇 聖誕教会(ベスレヘム)
07.02.28 聖誕教会前広場(ベスレヘム)
07.02.28 聖誕教会(ベスレヘム) 07.02.28 聖誕教会内のアルメニア教会を示す旗(ベスレヘム)
07.02.28  聖誕教会の入口で(ベスレヘム) 07.02.28  聖誕教会入口(ベスレヘム)
07.02.28 聖母子像  聖誕教会(ベスレヘム) 07.02.28  聖カテリーナ教会のマリア像(ベスレヘム)
07.02.28   聖カテリーナ教会のステンドガラス(ベスレヘム) 07.02.28  聖誕教会でお会いしたパレスチナ人家族(ベスレヘム)

 お会いしたパレスチナの人々は、やさしい平和を大切に思う人々
だった。
07.02.28  聖誕教会内の聖カテリーナ教会(ベスレヘム)
07.02.28  聖カテリーナ教会の正面に立つ聖書学者ヒエロニムス像(ベスレヘム)

 ヒエロニムスはヘブライ語の旧約聖書をラテン語に翻訳するために、この教会の洞窟にこもった。かれの訳した「ラテン語聖書」はカトリック
の公認聖書であり、この偉業によりキリスト教が世界中に広まったといわれる。

 ヒエロニムスは、ローマの婦人パウラの協力で翻訳を成し遂げた。婦人の死後、彼は、彼女の骨をそばに置き、翻訳を続けたという。
彼の像の足元にしゃれこうべが置いてある。
07.02.28  ベスレヘムの街
07.02.28  セイフティウオール

 パレスチナ自治区(ベスレヘム)とイスラエルとの間にあるコンクリートの壁
07.02.28  セイフティウオール 07.02.28  パレスチナ自治区への入口 チェックポイントで
世界100ヶ国の旅
パレスチナ自治区