パナマ

2004.07.15〜10.19の97日間、第46回ピースボートで、北回り地球一周の旅をした。

 パナマのクリストバル港には、9月19日入港し、20日早朝ガトゥン閘門に達し、ガトゥン湖、ゲイラード掘削、ペデロミゲル閘門、ミラフローレス湖、ミラフローレス閘門とパナマ運河を通過した。
 
 工事中、掘削された土と岩の量は、これを貨車の積載すると、貨車の列は地球を4回転するという。

04.09.20 ガトゥン閘門にある事務所前の芝生に造られたパナマの地図
04.09.20 早朝ガトゥン閘門に到着 04.09.20 ガトゥン閘門
04.09.20 ガトゥン閘門
04.09.20 事務所
04.09.20 ガトゥン湖へ

大西洋とガトゥン湖では、水位に26メートルの差がある。
04.09.20 ガトゥン湖
04.09.20 ゲイラードカット

今も補修工事をしていた。この掘削工事がいかに困難を極めたかが想像される。
04.09.20 ペデロミゲル閘門
04.09.20 ミラフローレス湖へ
04.09.20 牽引車

日本製だった。4台で船が両側の壁に当たらないように
誘導する。
04.09.20 ミラフローレス湖へ
04.09.20 ミラフローレス閘門 04.09.20 トパーズ号と壁との間はわずかだった。
04.09.20 ミラフローレス閘門

隣の通路を反対方向に進む貨物船
04.09.20 ミラフローレス閘門

トパーズ号と壁との間はわずかである。
04.09.20 ミラフローレス閘門 04.09.20 ミラフローレス閘門
04.09.20 パナマ運河で
04.09.20 アメリカ橋

ここを過ぎると太平洋に出る。
04.09.20 アンコン山 04.09.20 アメリカ橋付近から見た山

運河のすぐ近くにこのような山脈があり、運河のゲイラードカット
部分の両側は高い山であり、困難な工事であったことが想像
される。
04.09.20 パナマシティ

アメリカ橋過ぎると、太平洋に面して拡がるパナマシティのビル群が見えてくる。