ウズベキスタン

2003.10.01〜10.08 ウズベキスタン、キルギスに旅した。ウズベキスタンでは、首都タシケント、青の都サマルカンドを観光した。ともに古代より東西文明が行き交うシルクロードのオアシス都市として栄えた町である。

人口2350万人、面積44.7万平方Km(日本の約1.2倍)。1991年独立。

ウズベキスタンの首都、人口210万人で中央アジア最大の国際都市。タシケントは、タジク語で石の町、砦の意味。紀元前2世紀頃からシルクロードの要衝として栄えた.

タシケント

2003.10.06 レギスタン広場(サマルカンド)
 サマルカンド、なんといういい響きの言葉だろう。一度は訪ねてみたいと思っていた。そのサマルカンドの中心レギスタン広場に立った。サマルカンドは、”青の都”、”イスラームの宝石”、”東方の真珠”などといわれる。紺碧のタイルを貼り詰めた三つのメドレセと広場が美しかった。感動した。

2003.10.07 日本人墓地
第二次大戦でソ連の捕虜となった79名の日本人が眠る。一人一人の名前が刻まれている。
2003.10.07 日本人墓地にある永遠の不戦の誓いの碑
2003.10.07 チョルスー.バザールで逢ったウズベキスタンの女性
写真をお願いすると快く笑顔で応じてくれた。
2003.10.07 クカルダシュ.メドレセ 16世紀に建てられた神学校
2003.10.07 カファリ.シャーシ廟
2003.10.07 ナヴォイ.オペラ.バレイ劇場
第二次大戦後タシケントに抑留されていた日本人捕虜の強制労働によって造られた建物のひとつ
2003.10.07 数百名の日本国民が、劇場の建設に参加し、その完成に貢献したことを記した碑
2003.10.07 タシケントを代表する百貨店、ツム百貨店の女性
2003.10.07 ウズベキスタン最後の夕食は、宿泊したル.メリディアンホテル
のレストランだった。レストランの支配人がニッサン自動車社長のゴーンさん
によく似ていたので一緒に写真をお願いした。
2003.10.08 タシケント空港で逢った女性
2003.10.08 タシケント空港で逢った女性

 シルクロード最古のオアシス都市のひとつ。紀元前6世紀に古代ソグド人の王アフラシャブが建国した。紀元前4世紀にアレキサンダー大王をして、「話に聞いていた通りに美しい。いや、それ以上に美しい。」といわしめたほど美しい町であった。
 8世紀のアラブ軍、13世紀のモンゴル軍と二度の侵攻により壊滅的な被害を受けた。14世紀チムール大王により、「地上で最も美しい町」は蘇り、チムール王国の首都となった。

サマルカンド
2003.10.06 サマルカンドで宿泊したアフラシャブ.パレス
2003.10.06 ウルグベク天文台で
2003.10.06 ウルグベク天文台の六分儀の地下部分が残っている
2003.10.06 ウルグベク天文台博物館
ウルグベク(1394〜1449)は、チムールの孫であるが、天文学者としても有名で、この天文台での観測をもとに、彼は、一年間を365日6時間10分秒と推測した。今日の精密機器で計られたそれとの誤差は、1分にも満たない。
2003.10.06 天文台下の土産物屋の主人
商談が成立して思わずニッコリ。
2003.10.06 レギスタン広場で
2003.10.06 シェルドメドレセ
1636年に建てられた。シェルドは”ライオンが描かれた”という意味
2003.10.06 ウルグベクメドレセ
1420年に建てられた.
2003.10.06 天井、側壁も全面美しいタイルが貼られている。
2003.10.06 現地ガイド グレさんと
2003.10.06 シェルド.メドレセ
2003.10.06 昼食をとった後、ホテルでしばらく休憩することになったので、ホテルのビジネスセンターでインターネットを借り、ウズベキスタンで自分のホームページが見れるかどうか確認した。写真と絵文字はそのままきれいに見え、同行の人やビジネスセンターの人に見ていただいた。料金は、30
分5USドルだった。
2003.10.06 同上
2003.10.06 ビビハニム.モスク
中央アジア最大のモスク
2003.10.06 シャーヒズィンダ廟群
アフラシャブの丘の南麓にあるサマルカンド随一の聖地。
2003.10.06 道路を隔てて小高い場所から見たシャーヒズィンダ廟群
2003.10.06 グリ.アミール廟の地下にあるチムールの墓

2003.10.06 グリ.アミール廟のドーム
青の都と呼ばれるサマルカンドでも、ひときわその青さが美しい。

2003.10.06 ティラカリ.メドレセの礼拝所の天井 
ティラカリ.メドレセは、広場の正面にある。1660年に建てられた。ティラカリは、”金箔された”という意味。修復には、3Kgの金が使われたという.。

2003.10.06 ティラカリ.メドレセ内部

2003.10.06 レギスタン広場でイタリア人夫妻と会った。ナイスカップルで、お互いのカメラに四人の写真を納めた.

2003.10.06 シャーヒズィンダ廟群
その装飾の多様さ、美しさでも中央アジアに並ぶものが無いといわれる。

2003.10.06 グリ.アミール廟
チムールをはじめ、彼の息子達が眠る霊廟。

2003.10.08 万年雪に覆われた中央アジアの山岳地帯 帰途晴天に恵まれ、飛行機から見た雪山が素晴らしかった。

2003.10.08 このような山岳風景がが延々と続いた。美しかった。